みなさんレーザーと聞くと、アニメなどで敵と戦うシーンのレーザービームなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

歯科医院で行われるレーザー治療は敵といっても虫歯を退治します。

虫歯治療に用いられるレーザーはエルビウムヤグレーザー(Er:YAG)といいます。

レーザー治療では、単一の波長からなる光線(レーザー光線)を歯に照射することで治療の効果がでます。

では、レーザー治療のメリット・デメリットを紹介します。

<メリット>

・タービンのようなキーンという不快な音がしない

歯医者さん独特のこの音が嫌いという方多いのではないでしょうか?

・ほとんど無痛治療で出来る

ほとんどの治療が麻酔をしないで行えます。少量の麻酔を使用して治療する場合もあります。

・健康な歯の部分を多く残す事ができる

普通の虫歯治療の場合虫歯の周りの健康な歯の部分を一緒に削ってしまうことがありますが、レーザー治療はピンポイントで虫歯を削る事ができるので、健康な部分の歯を多く残す事ができます。

・出血を抑えることができる

出血を抑える事で、治療する部位がしっかり確認でき、よりよい治療を行う事ができます。レーザー照射することで、治療後の出血のリスクを低くする事ができます。

<デメリット>

・保険が適用外の場合がある

レーザーの治療費は各医院で異なります。レーザーの治療費は高額になることはありませんが、一般的には自費の治療となります。

・治療に時間がかかる

普通にタービンなどを使って虫歯を削る治療と比べると多少治療時間がかかります。

<レーザーの種類>

レーザーにはエルビウムヤグレーザー(Er:YAG)の他にも、止血効果・麻酔効果に優れているネオジムヤグレーザー(Nd:YAG)、日本での普及率が最も高く主にレーザーメスとして使用されるCO2レーザー、歯肉の炎症や腫れ、痛みの緩和を目的とした治療で使用されるヘリウムネオン(HeNe)レーザーなどがあります。

このように虫歯治療以外にも口内炎の治療などにもレーザーが使用されます。

痛い治療が苦手な方や、興味のある方は一度歯科医院に聞いてみるのもいいかもしれません。