安心、安全、納得の治療・削らない、抜かない治療をめざす松本歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • むし歯

タグ : むし歯

むし歯の治療

むし歯は早期発見、早期治療と言われてます

本当でしょうか?

昔から、歯は口を開いてもらえれば見えるので、その場でむし歯の診断をしていました。学校の歯科健診、職場の歯科健診などは典型的にそうでした。

現在の学校健診はむし歯ある、むし歯ない、要観察歯、の3つの区分になりました。検診は大まかに振い分けをするのが目的で、検診では確定診断できないとの理由です。

昔、学校の歯科健診や職場の歯科健診はC1.C2.C3.C4と診断していました。

むし歯は口をあいてもらえば簡単に診える為

むし歯の進行

現在は健診で、むし歯ある、むし歯ない又は要観察歯と、3つにふるいわけられます。むし歯ある人、要観察歯の人は、かかりつけの歯科医院で確定診断してもらう事になりました。

C1のむし歯は治療しなければいけないのでしょうか?

C1はエナメル質に限局したむし歯です。

C1のむし歯

C1は環境が変われば、ほとんど進行せずにそのままで、止めることが出来るむし歯です。

当医院では、C1はそのまま触らずに指導をして様子を見ています。

むし歯になる原因

むし歯になる原因

環境を変えるとは、食べ物、時間、歯質の強化、ブラッシングなどです。口の中をむし歯になりにくい環境にします。むし歯になりやすい環境のままですと、虫歯は進行していきます。

むし歯になりやすい環境ですとC1はC2なっていきます。C2は象牙質まで進行したむし歯です。C2の治療は削ってつめることになります。

C2

C3は歯髄(神経)まで進行したむし歯です。歯髄(神経)の治療が必要になります。治療回数も増えます。治療の最後はかぶせることになります。歯が死んでもろくなるためかぶせます。

c3のむし歯

歯を削った後、つめますが、このつめ物は人間にとっては異物です。つめ物は色々あります。金属、アマルガム、アイオノマー、CRなどなど最近、歯につめた物が、体に悪い影響をあたえている物もあると言われている。

特に保険の場合決められた材料を使います。厚生労働省が決めた材料です。現段階では人体に悪い影響をほとんど与える物ではないとの事?だそうです。歯につめてしまいますと、24時間体に影響します。

歯が抜けるか、入れた物をとらない限り影響します。特に金属イオンは口の中では24時間出ています。

最近電磁場過敏症が増えている。

昔の花粉症のように増えている。口の中の金属を取ると、治ることがあるそうです。歯に入れた金属が電磁場にすごく反応する、と言われてます。特にチタンが金属の中で最も反応する。インプラントの材料は、ほとんどチタンです。

大事なこと

なおすのも大事ですが、むし歯にならない様に予防しましょう。

  • むし歯にならないことが第一です。
  • もし虫歯になっても、進行を止めましょう。

むし歯になりにくい口にしましょう。

唾液検査でリスク判断が出来ます。

(他の人と比べてむし歯菌が多い、少ないとか、唾液の質、量など調べます。)

予防が第一なのですが、日本の保険制度では病気にならないと給付されません。これが問題なのです。

虫歯があると宇宙飛行士にはなれない?

みなさんの中には、虫歯になると宇宙飛行士になれないと思っている方が多いのではないでしょうか?

確かに虫歯があると宇宙飛行士にはなれません。しかし、虫歯があってもしっかり治療をしていれば問題ありません。

歯の構造

ではなぜ虫歯があると宇宙飛行士になれないのでしょうか? 

宇宙で作業するとき宇宙服の中の気圧は約0.3気圧まで減圧されます。

スペースシャトル内と同じ1気圧のまま船外にでてしまうと、気圧の差で宇宙服が膨れ上がってしまい、指や手、足などが曲がらなくなり作業ができなくなってしまいます。

そのため、0.3気圧まで減圧した環境で作業を行うということです。

0.3気圧まで減圧したときに、お口の中に虫歯や治療が途中な歯があり空洞などができていると、中の空気が膨張して内側から歯を圧迫するため痛みを生じる場合があります。

その後、詰め物の隙間などから空気が入ることで周囲と同じ気圧になります。

同じ理由で戦闘機などのパイロットも虫歯の治療をしていないと操縦する事ができないそうです。

高い山などに登った時も気圧の変化で歯に痛みが出たりすることがあります。

このように、気圧の差がある環境で作業をする時は注意が必要です。 

もし宇宙で歯が痛くなってしまったら? 

まず痛み止めを服用します。

宇宙船の中で歯を削ったりする治療が出来ればよいのですが、歯を削る器械はありせんし、もしあったとしても、削った粉や水分などが飛び散るので大変な事になってしまいます。

痛み止めを飲んでも痛みが取れない場合は、医師の指導の下他の宇宙飛行士が歯を抜く可能性があるそうです。

治療行為は本来国家資格をもつ医師にしか許されていません。しかし、特別に宇宙飛行士に限り治療行為が許されているそうです。もちろん事前に歯を抜く訓練などを受けています。

このように、虫歯があるまま宇宙に飛び立ってしまうと大変な事になります。

そのため、打ち上げの前に虫歯がないか、悪化しそうな歯はないか、治療が不十分な歯はないかなどしっかり検診します。 

虫歯にならないためにも、普段から歯磨きをしっかりし、お口の中の健康に気をつけましょう。

気圧の変化で歯が痛む?>>

歯はどうやって削るの?

みなさんが歯科医院を受診してむし歯があったときなどに歯を削ってむし歯を除去しますよね?

ではいったい、硬い歯をどうやって削っているのでしょうか?

歯の表面はエナメル質という硬い物質でできています。

そのためエナメル質を削るには硬い物質で削らなければなりません。

世の中で一番硬い物質はなんだと思いますか?

それはダイヤモンドです。

そこで歯を削る時にダイヤモンドを使います。(正確にはダイヤモンドの粉末がついたバーを使います。)

なぜかというとダイヤモンドの硬さはエナメル質の硬さと同じくらいだからです。

※モース硬度(硬さを計る単位 ダイヤモンド:10 エナメル質:7)

ダイヤモンドのバーをエアタービンという器械につけて歯を削ります。歯科医院に治療に行くとキィーンという高い音が聞こえることがあると思います。この音の正体がエアタービンです。

エアタービンは1分間に約30万~50万回転します。そのため、キィーンという高い音がでてしまいます。バーの先端の刃先のところにダイヤモンドの粉末がついていて、バーが高速回転することで歯が削れます。

高速で削っているため削っていると熱が発生してしまいます。熱を冷却するために削るのと同時に水が出る仕組みになっています。

この水は熱を冷却する以外にもダイヤモンドのバーの目詰まり防止、歯の削る部分をキレイに保つ、削りかすを吸い取りやすくする役割があります。

手元を見えやすくするように照明装置がついたものもあるようです。

 

エアタービンの消毒は?

エアタービンは精密な器械なので消毒などは出来ないのではないかと疑問に思う人もいるかもしれません。

エアタービンは高圧蒸気滅菌装置(オートクレーブ)によって消毒・滅菌することが可能になりました。

エアタービンが開発されるまでエナメル質を削って治療することは大変なことでした。エアタービンのおかげでスムーズに診療を進めることが出来るようになりました。

歯は健康にキレイに保つことが大切ですが、もしみなさんが治療で歯を削ることがあったら削る機械なども見てみて下さい。

PAGETOP
Copyright © 滋賀県伊香郡の松本歯科 All Rights Reserved.