安心、安全、納得の治療・削らない、抜かない治療をめざす松本歯科
投稿
  • HOME »
  • 義歯治療(入れ歯治療)

義歯治療(入れ歯治療)

義歯治療(入れ歯治療)

入れ歯は、総義歯(総入れ歯)と部分床義歯(部分入れ歯)に分かれます

入れ歯治療は高度な技術と経験が必要です。 院長が得意としている分野です。

当医院では若返り健康入れ歯をめざしています。特に部分床義歯は最新の概念(ミラクル)を取り入れています。

総義歯(歯が一本も残っていない患者さんに入れる入れ歯)

その人に合った入れ歯でないと、体に支障をきたします。姿勢に影響しますので、腰痛、肩こり、膝の痛みなどに関係してきます。良い入れ歯ですと、若さ、美しさ、健康を取り戻します。

噛み合わせが姿勢に関係している

症例1 約25年前

98歳の患者さんに総義歯を新しく入れたところ姿勢の変化がありました。実は 80代前半の患者さんだろうと、新しく入れ歯を入れる前は勝手に私は思っていました。

症例1 総義歯の患者さん

膝の手の位置を見ると上に来ています。体全体がたって来ています。

「何か変わったことないですかと尋ねたら」

畑に行くのに今までは1回は休まないといけなかったが、休まず行けるようになった。

自分は律儀な人間なので、毎朝お仏壇に向かってお経をあげるのだが、今まで正座が出来なかたのが出来るようになったのがうれしい。この患者さんご本人は、まさか入れ歯を新しく変えたことでこの様な変化があったとは思っておられません。

この100歳近い患者さんを経験したことで、どんな人でも噛み合わせを変えると何か変化が起きるのを確信しました。

患者の姿勢の変化

患者の姿勢の変化 患者の姿勢の変化

症例2

同日の姿勢の変化

同日の姿勢の変化

同日の姿勢の変化

部分床義歯

残っているのが1歯だけでも、1歯欠損から13歯欠損

当医院では部分床義歯は最新概念のミラクル様で治療を行っています。

ミラクル義歯の特徴

最大の特徴は残っている歯に負担がかからない義歯です。

従来の部分床義歯は残っている歯に負担をかけてしまうので、次にその歯を抜くことになります。

それと歯に負担がかかるので、凄い違和感があります。症状として入れ歯を入れると肩こりがひどくなったなどです。

  • ミラクルは部分床義歯です
  • 金具がほとんど表に見えないので、入れ歯を入れているのが分からない。
  • そのため入れ歯だと気づかれない
  • 従来の入れ歯より小さいので、違和感が少ない。
  • 義歯の下に不思議なほど食べものが入りにくく、食後はずして洗わなくても大丈夫な人が多い。
  • 24時間装着する事ができる。
  • 従来の義歯と比べて、ほとんど何でも噛める。(おかき、おもち、するめ、ごぼう、コンニャク、タコ、イカ等の刺身)
  • 揺れている歯に装置をかけると、その歯の動揺を止め、むしろその歯を保護してくれる。
  • 上顎は口蓋(大きな床の部分)が取り除かれ、本来の食べものの味わいを取り戻すことが出来る。
  • 入れ歯を入れているのを忘れてしまう。入れているかと思ったらないことがある。

従来の義歯とミラクル義歯 従来の義歯とミラクル義歯

ミラクル義歯の欠点

  • 保険では出来ない
  • 作れるのが世界で一か所しかないので少し時間がかかる。

ミラクル義歯は保険では作製できませんが、概念を取り入れて作っています。

新しい概念で作りますと小さい義歯に出来ますし、これでもはずれにくい。

ミラクル義歯

ミラクル義歯は次のようなかたにおススメです。

  • 義歯を入れると痛みがあり、かめない方
  • どうしても違和感があり、義歯をはめられない方
  • 入れ歯をはめていると、気づかれたくない方
  • 現在使っている義歯で、味わえなくて困っている方

PAGETOP
Copyright © 滋賀県伊香郡の松本歯科 All Rights Reserved.